ラインは、任意の異物に添付する必要があります

- Dec 29, 2017 -

回路、断熱パネル、メンブレンスイッチアイソレーションレイヤーと下部回路4つのパーツで、軽いタッチタイプのために通常スイッチが開きますので、一緒にメンブレンスイッチの検出のすべての側面について学びましょう:


断線、短絡、導体の破損、短絡現象を許さない。


異物:ラインは異物に付けるべきである。


導体の厚さ:一般的な導体の厚さの制御は7-12ミクロンであり、平滑でなければならない。


トップラインとボトムラインの位置ずれ:スイッチの接点中心位置の上下線Ф0.5 mmのオフセット許容差


材料:基板、シルバーペースト、カーボンインク、スペーサー、接着剤、接着剤、補強板、断熱印刷は図面の規則に従うべきである。


形状:形状、導体線、絶縁ハンドルおよびライニングボードの組み合わせは、図面の規定またはサンプルを提供する必要があります。


導体とピンホールの欠陥:次の図によると、50mmの許容範囲内で標準を決定することができます。


カーボンインク:カーボンインクのライン上に銀ペーストを被覆し、銀パルプ、8〜10ミクロンの厚さを完全に覆うことが非常に明白な突出した銀パルプを有することはできない。


スタンピングバリとダイ押出曲げサイズ:スタンピングバリと曲げサイズは、0.2mmを超えてはならず、導体位置は一面を向くべきではありません。


すべて:メンブレンスイッチの接触は、気泡やピンホールの欠陥や断熱効果の影響を避けるために、インクの接着、断熱絶縁インクの顔が水平になる必要がありません。


コンバインド状態:チップ表面に残留物、異物、汚れ、凹凸、表面に付着していてはならない。また、脂肪、指紋、バー状の線のコイニング。


傷跡:すべての線と接触は、テーブル(すなわち、ベース材料にカットライン上のカット)を切断してはならない、軽い摩耗も原理としてインピーダンスには影響しません、カーボンインク表面の傷は非常に簡単に、傷は基準としての回路伝導に影響を与えない。


接着力:絶縁乾燥インク、24時間後に再度当接するインク表面、お互いの重量は、絶縁が互いに固執しないようにする。 1分後に手の圧力で感圧接着テープを貼った泡がなく、素早くインクも落ちることができません。


ジャンプライン:すべての製品は、100%のジャンプラインのオープンとショート回路のテストと絶縁抵抗のテストを通過する必要があります導体ラインとすべての製品の要件に応じてすべてのジャンプライン部門。 断線、短絡がなく、絶縁抵抗が500mΩ(500分)以上であることを確認してください。


Related Products